職場にて。

実際は昨日の出来事ですが(-w-)
宗像は職業上、お客さんの住所を聞く機会が多いのですが、結構な年月住んでいるのに未だにわからない地名があります。
昨日のお客さんもそうでした。

宗像「ふむふむ、今はどちらにお住まいですか?(メモ取り中)」
お客さん「西のね、『みょうばる』なんだけど」
宗像「……。すみません、どんな字を書くんでしょうか(T_T)。o(何処だー!?)」
お客さん「『女のはら』って書くとよ」

宗像(はい?…女の…『腹』……Σ!?)

宗像「…?……!?(困惑中)」
横にいた社員さん「ああ、『女原』ですねー(^^)」
お客さん「そうそう」
宗像「…!!←やっとわかった」

すみません、ずっとずっと…『女原』って地名、

『めばる』

って読むんだと信じてました…!!(T▽T//)<ヤーン!
これは結局笑い話みたいなもんなのですが、かなり恥ずかしかったです(*ノノ)
『日佐』(これも地名)が実は『おさ』と読む事を知った時並みのインパクト…!!(ずっと『ひさ』なんだと思っていた)

何処でも特殊な読みの地名はあると思うのですが、福岡の場合、『原』って時が地名のお尻側に来た場合、結構な確率で『はる』って読むのですよ。
なので、『女原』もそうだろうとは思っていたのですが…『女』で『みょう』と読むとは思わなかったなー(°°;)
やっぱり行った事のない場所の地名は想像で読んでしまうので危険ですな(^^;)
多分、気づいてないだけで他にもそんな地名がいくつかあるに違いない…。
[PR]
by m_ryuko | 2009-10-16 00:41 | 日常の出来事