数日開きましたが、四日市・伊勢のレポ第二回ですー。
二日目は本命のお伊勢さん!(>▽<)
外宮と内宮があるけど、今回は内宮の方に行ってきました。

内宮までの道のりはお店も古い佇まいを感じさせる外観になってました。
人が多かったので、夕方に人がはけてから撮影したものも混じってますけどこんな感じ。

d0052652_15414943.jpg
郵便局。

d0052652_15425175.jpg
魚屋さん。

d0052652_15425712.jpg
銀行。

d0052652_1540787.jpg
そしてコンビニ(ファミマ)!(笑)

ちなみにここでお土産をいくつか買いました。
まさか17時半でほとんどのお店が締まるとは思わなくて。
重いからって後回しにしてたら買いそびれちゃったんだよ(^ρ^)
丁度着いたのがお昼頃だったので人もいっぱいでした。
行く途中はあちこちでいい匂いしてて、何処も美味しそうでしたよ。
随分と松坂牛推しでしたが(笑)

d0052652_15464588.jpg
いざ御宮へ!

d0052652_15511818.jpg
お天気がいまいちだったんですけど、結局降られたのは帰り際くらいでしたね。
それ以外はちょっと晴れ間も見えるくらいだったんですが、気温もそこまで高くなくて、周囲は緑が深いからすごく清々しかったです!
事前に話には聞いていたけど、確かに砂利道を延々と歩くのでヒールだと歩きにくそうでしたね。

d0052652_15535531.jpg
大体何処の神社も緑が綺麗なんですが、お伊勢さんは広い分格別でしたねー。
必要以上に人の手が入っていない感じで森の中を歩いてる気分(^‐^)<森林浴~♪

d0052652_1555536.jpg
こんな感じで新しいお社がちらほら。
新しい木の香りもすごかった!

d0052652_15563433.jpg
最終目的地(一歩手前)。
階段の下から撮影OKという事なので一枚だけ。
それにしても何処写しても人がいるw
普通の時でこうだから、初詣とか祭事の時期はもっとすごそうだなあ(^^;)

d0052652_15584755.jpg
ここには神馬がいるんですが、流石に今回は会えず(´`)
代わりに家だけ撮影(笑)
名前がかっこいいですね(´m`*)

d0052652_15594335.jpg
参拝後はまず少し遅めのお昼ご飯。
名物「伊勢うどん」を頂きました!
太めの麺にかけ醤油をかけて頂くんですが、かけ醤油が見た目によらず塩辛くなくてちょっとびっくり。
お出しの味がしっかりしてて美味しかったです♪

という所で、今回は終わり。
(3)に続きますー(´▽`)ノ<赤福氷食べるよ!
[PR]
# by m_ryuko | 2013-09-25 16:04 | 旅の記録

こんばんは、今月はやたらとアクティブな宗像です(°w°)ノ
先週ちょいと夏バテなどなどでダウンしてしまって、すっかりレポが遅くなってしまいましたが、今回は今月の上旬に三重に遊びに行ってきた記録です。
日帰りじゃないから「ぷち」旅じゃないという事で、カテゴリに悩んで分ける事にしました。
カテゴリ増え過ぎ(^ρ^)
あまり記事がない分は整理するかな……。

元々、以前からお伊勢さんには一度行ってみたかったのですよ。
そこに今年は遷宮の年と聞き、ついでにお仕事も辞めて時間が出来たので 行っちゃう? などと心が傾いていた所に、企画などでお世話になっている三重住みのフォロアーさん、タチバナナツメさんにお誘い頂いて決定打となりました(´m`*)
同じくフォロアーさんの道長僥倖さんもいらっしゃるという事で、ぷちオフも兼ねる事に。
どちらも初めてお会いするので前日とか本当にどきどきしてましたw(無事に合流出来るかという意味でも……!←)

今回は新幹線の早割の名古屋までの往復切符が買えたので陸路で参りました(^^)
セントレア経由だと着く時間が変わらないし、金額もちょっと安いくらいだったのですよ。
名古屋で在来線への乗り換え時間が7分、はらはらしてましたが事前に構内図を頂いていたので余裕を持って乗り替え完了。
車内で道長さんと合流する手はずだったのですが、お互いにどんな服装をしているとか目印とか何にも決めていなかったのでいきなり電話する事に(笑)
いや、スカイプで声は以前から知ってたんですけど、やっぱり初めてかけるのは緊張しますよ(^^;)
偶然同じ車両に乗り合わせていたので思ったよりすんなりと合流出来ました♪
四日市で今回の幹事役をして下さったタチバナさんとも合流してまずはお昼ご飯。

d0052652_0402127.jpg
タチバナさんお勧めの手打ちパスタのお店で和風パスタ(梅とシラスの冷製パスタ)を頂きました。

……というか、今回の旅、画像が見事に食べ物ばかりです。
あまり旅行記って感じではない事をここに宣言しておきます\(^ρ^)/←遅い

実際、食べてる時間が長かった(笑)
当時のTLに飯テロ行為をしたツケがこんな所に来るとはw
こちらのパスタはコシがあってボリュームありました!
梅とシラスでさっぱりしてたので食べている時は気にならなかったのですが、食べ終わった後で結構ずっしりと……(笑)

さらにその後、

d0052652_0405997.jpg
しっかりお茶もしましたd(°▽°)b

もうこの時点ですでに普段の摂取カロリーを上回りつつある(笑)
以前こちらで売っているりんごをチョコがけしたお菓子をタチバナさんに頂いたのですが、美味しかったので今回、自宅へのお土産に二袋程購入しました♪
ちょっとこの辺りからお天気が怪しくなってきて、降ったり止んだり(><;)
それでも最終的にすごく降られたのは一日目の最後くらいで、後はうまーく雨が避けてくれた感じでした。
日頃の行いか……(言ってろ)
その後、タチバナさん宅でしばし休憩して、日が暮れた所で晩御飯(本当に食べてばかり)♪

d0052652_041616.jpg
東海名物を食う会w

二度くらい名古屋には来た事があるんですが、手羽先は初めて食べました!
美味しかった~(´m`*)
もっと塩辛いのかなと思ったら、結構甘めでした。
これはビール好きな人には堪らないのだろうなーwと納得。
画像がないけど、『食べ方』とかが置いてあって面白かったw
さらに四日市名物『トンテキ』も食べましたよ。
フォロアーさんに東海地方住みの方が多くて、旅の間にもいろいろお勧め頂いていたけど、これは確かに美味しかった。
非常に白いご飯が食べたくなるお味……!
個人的にブタ>ギュウなのでこれはまた機会があったら食べたいです(´▽`)

大人組はいい感じにアルコールを飲み(笑)、電車で来たのをいい事に最終電車の間際まで宴会をして、再び一晩御厄介になるタチバナさん宅へ。
寝ると思いきや、そこはオフですからそのままでは終わらないのですよ!w
夜中にごそごそと各自持参したスケブを取りだし、オフ恒例のお絵描きタイムです(笑)

今回はそれぞれお題出しあって描いたのですが、ティルノグ関係なお二人には擬人化ステラを描いてもらいました(´m`*)
棒人間は何故かあちこちでやたら本気バージョン(8頭身)で描いて頂いてるからお腹いっぱいです←親
しかも途中からタチバナさんが色鉛筆を出してきたのでタチバナさんの分は色まで付いてますw
という事で写メで申し訳ないのですがお披露目です♪

d0052652_3284053.jpg

d0052652_3284393.jpg
道長さんのステラはかっこよいww
多分本人(猫)の中ではこんな感じと思ってそうw
タチバナさんのステラは男の子って感じで可愛いです(´m`*)
ステラは一応性別不明なんですけど、今の所擬人化をお願いすると高確率で男子になるなあw(当たり前だ)

おまけw
d0052652_3284613.jpg
こんな所ににも『取りあえずアール』www
実際、書く側にとってもすごく動かしやすい子なのですが、こういう所も便利らしい(笑)
結局4時近くまでガリガリ描いてましたね。
ちなみに宗像も頑張って描きましたよー!
アナログ苦手だからデジタル程構図とかもろもろで冒険出来ませんけどね(;w;)

という所で一日目は終了w
二日目は本命のお伊勢さんです(^^)b
[PR]
# by m_ryuko | 2013-09-20 03:46 | 旅の記録

待宵月ということで。

さっくりらくがき。
大昔に描いたものを今描くとシリーズ的なヾ(・w・)ノ
ちょっと逆光になってる感じの絵が描きたかった。

d0052652_4563848.jpg
これは結局プロット止まりになった『青い月は僕を見下ろし嗤う(仮題)』という作品のキャラです。
単に漢字の名前をつけたかったという理由だけで世界観が若干東洋風な異世界FTでした。
タイトルは作品の下敷きになったとある楽曲から一部頂いてました。
月がモチーフにある辺り、内容も若干厨ニ病的な感じでしたねえ(´ー`)<若気の至り……

この人は敵サイドの人でした。
いろいろな事情で十八という若さで大抜擢されて宰相になるけど、当然そんな若造と知られると従わない人々もいるので、普段は顔とか隠して声色を使って年齢を誤魔化して掌の上で他のお偉いさんを動かしている腹黒さん。
ある時拾った事が切っ掛けで側に置く事になった暗殺者の女の子にだけ心を許しているものの、本人に自覚なし。
割と可哀想な人なので何とか救済したいなーと思ったものです(書かなかったけど)

ちなみに主人公は衛士をしている女の子。
幼い頃に生き分かれた兄妹との再会を夢見て日々真面目に働いていた所、うっかり見てはならないものを見てしまい、中央から左遷され(しかし本人はそれが何かわかっていない)、さらに命まで狙われる羽目になるという。
ええ、いわゆる王道、よくあるパターンです(・▽・)
だからプロットだけで満足しちゃったんですよね……。
今、書き起こすとしたらかなり大幅に設定を変えちゃうだろうなあ。
たとえば主人公を裏主人公(野郎)の方に替えるとか……(え)
何しろ仮タイトルの『僕』はこの野郎の事ですし。
女の子主人公だと、少女小説寄りになるのでやっぱり恋愛要素をメインにしなきゃかなーとか思っちゃうんですよね(--`)
ええ、その時点で地雷です。
勿体ない病なので、『壊れゆく~』とかにこの話の設定を部分的に流用しています。
そして益々書かれる可能性がなくなるという。

キャラ自体にはわたしなりに愛着はあるので(笑)、今後も文章になる事はなさそうですが、たまにはこんな形で蔵出しするかもしれません(´▽`)
[PR]
# by m_ryuko | 2013-09-19 05:26